不安に感じる妊活で必ずしておくべきこと

子作りが苦痛にならないために


男性は勃起不全に注意が必要

二人の時間を大切にしてきて、本格的にこれから妊活へ進んでいこうと考えている夫婦は多いと思います。

結婚当初はまずは二人で旅行に出かけたり、楽しい時間を過ごしていたいと思ったり、将来のことを考えて何年間は貯金をしようと思って避妊具をつけての性行為だったり、成り行きに任せて出来たらいいなぐらいの感覚で妊活をしていたり、夫婦によって考え方はまちまちですよね。

そろそろ子供が欲しいと考えている夫婦のために妊活をしようと考えている人に向けて子供を授かる上でどのようにしていけば良いのか?どんなことに注意をしていけばいいのかを紹介していきたいと思います。

男性よりも女性のほうが子供を欲しいと思っている人が多いですし、女性の場合は年齢によって出産のリスクなども高まっていきます。

だからこそなるべく早い段階で妊活をしたいと思っている女性は多いです。

このまま子供が出来なくなったらどうしようとか色々と不安に思うわけです。

特に今は不妊治療に来る夫婦も増えてきます。

不妊治療の病院にいけば分かりますが、平日にもかかわらず多くの人が検診に訪れたりするわけです。妊活というのは出来ることならば誰だってしたくないわけです。

そんな妊活で最初に行うのがタイミング法と呼ばれるもので、これは月に2・3日しかない受精のタイミングにあわせて子作りを行うというものです。

妊娠できるのはいつでもと考えている人が多いですが、月に2・3日しかないわけです。

だからこそその日に合わせて性行為を行うことがとても大事です。

当サイトでも紹介していますが、基礎体温などをしっかりと測った上で行ったり、市販の検査薬などを使って計算をしたり、病院でしっかりと診てもらったりと色々な方法があります。

そのときに合わせて性行為を行うことで妊娠の確率がグッと高まるのです。

しかし、妊活でもっともポピュラーなタイミング法で性行為を行おうと思ったら男性が勃起不全になってしまうと言うケースも珍しくないのです。

というのも今までは気が向くままに性的欲求が沸いたときに性行為を行っていたものがタイミング法で子作りをしようと思ったら性的欲求が沸こうと沸かなかろうとも関係なく確実に性行為を行わないといけません。

仕事で嫌なことがあろうとも体調が悪かろうとも行わないといけません。

また妊活をするとなるとこの日に性行為をしないとまた翌月まで妊娠しなくなってしまうという考えがあります。

絶対に性行為をしなければいけない!というのがプレッシャーになったり、一種の作業のように思ってしまい、性的欲求や興奮よりもしなければいけないという気持ちが勝ってしまってうまく勃起できなかったり、中折れしてしまって最後まで出来なくなってしまうというケースも少なくないのです。

女性からしてみれば性行為ぐらいはしっかりとしてくれよ!私のほうが色々と周りからも言われていたりしてプレッシャーに感じていることもあるんだから!って言いたくなる気持ちもあるでしょう。

そういったことを言われると男性も次こそは!次こそは!って思ってしまい、タイミング法の日付のときだけうまく勃起できなくなってしまうという男性も出てきてしまうのです。

しかし、昔と違って今の時代ED治療薬がありますよね。

ED治療薬の代名詞であり、世界中で名前が知れ渡っているバイアグラはあまりにも有名で、勃起不全じゃないと人だけではなくて女性も名前ぐらいは聞いたことがあると言う女性も多いでしょう。

バイアグラが誕生したことによって純粋に性行為が出来るようになった人が増えて妊活の現場でも大いに役立っています。

ただED治療薬を使って子作りをしたら精子に悪影響が出たり、子供が染色体異常になってしまう可能性が高まるのではないかって不安に思う人も当然いると思います。

しかし、ED治療薬は不妊治療の専門の医者が実際に渡したりもするほど安全です。

そもそもED治療薬は誤解している人が多いですが、服用したら強制的に勃起をしたり、性的欲求が増したりするものではありません。

いわゆる媚薬効果というものは含まれておらず、血管を拡張させて血流をよくする効果があるので、そもそも精子や子宮、ましてや胎児に悪影響が出るようなことはなく、これまでにED治療薬が原因で赤ちゃんに影響が出たとか、妊娠しづらくなったと言う報告はありません。

不安だと言う人は素直に不妊治療専門の医者に使用について問題があるかどうかを確認してみましょう。

またバイアグラ以外にもどんどん新しいED治療薬は誕生していて、バイアグラの次に発売されたのが世界的な先進医療国で有名なドイツのバイエル社で開発されたレビトラがあります。

バイアグラと非常によく似ているのですが、バイアグラと違って即効性があるため、計算をしなくても良いと言うメリットがあります。

レビトラは最短15分で効果を発揮しますから、妊活でも性行為をしようと思ったときに服用すれば良いと言うこともあって使い勝手が良いです。

他にはアメリカのイーライリリー社が開発をしたのがシアリスです。

シアリスはレビトラは逆に即効性はなくて服用してから大体平均3時間ぐらいから効果が発揮します。

その分、服用してから効果が長く持続して最大36時間もの間効果を発揮します。

1日半もの間効果が持続するので妊活でタイミング法を使うときにも1錠服用さえしておけば、効果が持続すると言うこともあるのでタイミング法で性行為をしている場合は1錠服用すれば計算のする必要がないので使いやすいです。

また副作用が少ないと言われていて、今までバイアグラやレビトラを服用したら副作用に悩まされていると言う人にもシアリスがお勧めのED治療薬と言えるでしょう。

これらの3つのED治療薬は非常に有名なため日本では日本では三大ED治療薬と言われています。

しかし、この3つだけしか販売されていないというわけではなくて、アメリカのヴィヴス社という会社が最新の医薬品を発表しました。

それがステンドラです。まだ日本では未承認ですが、お隣の韓国をはじめとしてアジアでも広く販売されて非常に多くの人に利用されています。

特徴としてはこれまでのすべてのED治療薬の特徴を組み合わせていて、バイアグラと同じ持続作用でレビトラと同じ即効性があり、シアリスのように食事の影響を受けないと言われています。

日本ではまだ発売されていない最新のED治療薬を試そうと思ったら医薬品個人輸入代行サイトを利用する必要があります。

医薬品個人輸入代行サイトでは病院で処方してもらわないと手に入れることが出来ないED治療薬を通販で手に入れることが出来るのです。

さらに最新のED治療薬のジェネリック医薬品であるアバナを購入することが出来たりと金銭的負担を軽減することが出来ます。

妊活をする上で男性は少なからず女性の気持ちを汲んで必要最低限きちんと性行為が出来るようにしておくようにしましょう。

バイアグラ・レビトラ・シアリスを通販で購入することが出来るようになったのでED治療薬を病院で貰うのが恥ずかしいとか病院に行く時間が無いという人でもまずは試しに購入してみてはいかがでしょうか?

男性よりも女性のほうが子供が出来るかどうかリスクは高く不安に感じている人は多いわけですから男性が負担にならないようにしなくてはいけません。

もっともっと男性は妊活に積極的になり、支えたりしなきゃいけないですし、子供が授かった場合は献身的にならなくてはいけません。

妊娠中というのは女性は常にお腹に赤ちゃんがいるので絶対に安静にしなければいけませんし、神経も尖ったりナイーブになったりしています。

日本の男性は妊娠やつわりというのを軽んじていますが、とても大変なことなんです。

妊娠中というのは寝不足や神経が過敏になってしまったり、常にお腹が減っていたりするのにもかかわらず気持ち悪い体調のままでいます。

女性の多くがつわりはもう二度と経験したくないと言う人が多いです。

女性は妊娠をしたら、体が妊娠しやすい体になるためにまさしく体内で変身しています。

そのため体が不具合に感じて常に体が重く感じてしまったりするのです。

また体の中に子供が宿るとなぜか胎内で“異物”と認識してしまうとつわりが出てしまうわけです。

そういった辛い思いをしながら約10ヶ月過ごすわけです。

子供が出来てうれしいと思う反面将来のことを考えるととても不安と感じる人もいるわけです。

だからこそ男性は妊活・妊娠中・出産・子育ても奥さんに任せてばかりいないようにしましょう。

男性の言い訳としてよく言うのが自分は仕事をしているから!って言う表現をします。確かに仕事は大変です。

ただ仕事はある意味何年もやり続けている慣れている仕事なわけですし、仕事中に嫌なことがあったり、失敗があっても周りがフォローをしてくれたりします。

しかし、子育てというのは何が起こるかわかりませんし、ちょっとしたことが大事故になります。

一瞬でも気が抜けないわけですし、自分の時間もありません。

息抜きが出来ない状態で常に子供と一緒にいなくてはいけません。さらに授乳なども何時間おきにしなくてはいけないので心身ともにぼろぼろになってしまいます。

神経が過敏になっている中で旦那さんの面倒なんてとても見れません。

男性はやはり自分の子供を育ててもらっているという認識ではなくて自分が育てるぐらいの気持ちで奥さんを時には休ませて上げる、負担を軽減してあげなくてはいけません。

男性はどうがんばっても母親には勝てないものです。四六時中一緒にいる奥さんには勝てないものですが、だからこそ出来ることをしなくてはいけません。

スマホ片手にゲームをしていてはいけないのです。

子供を育てるというのは大変ですが、だからこそ夫婦がしっかりと足並みをそろえていく必要があります。

また妊活を初めて1ヶ月で子供を授かった!という人は稀です。

半年、1年かけて行いますし、人によっては何年も子供が出来なくて悩んだり苦しんだりストレスを感じたりします。

なんで自分には赤ちゃんが出来ないの?って自暴自棄に陥ったりする女性も多いです。

子供が出来ることに早めに取り組みつつも長期的に考えて計画的に話を進めていき、きちんと不妊治療専門の医者と相談しながら夫婦で足並みをそろえることが大切です。

サイトメニュー

  • 妊娠の仕組み
  • 基礎体温の測り方
  • 漢方で妊娠しやすくなるのか?
  • 妊娠のための体質改善
  • 高齢出産のリスク
  • 男性の不妊について
  • 妊活中のストレス解消
  • 夫婦で話し合っておくこと
  • たばことお酒について
  • 出産までの道のり
  • 妊娠線が出ないようにする
  • 妊娠中のトラブル
  • 出産のための費用
  • 子育ては抱え込まないことが大切
ページのトップへ戻る