テレビからネットへ

時代は流動的で常に動いているものです今は動画は一番のエンターテイメントになっていると言っていいでしょう。

時代の移り変わり

今はインターネットが情報を集める主流となっております。いつの時代も時代のメインとなるものは変わっていくのです。古くは新聞から始まってそのあとはラジオですよね。

そしてそのあとはテレビとなっていきました。そして今は新たな時代の移り変わりとなっております。テレビの低視聴率が叫ばれておりますし、実際に低視聴率1桁台といって悲鳴を上げておりますが、実際に見ていない人はかなりの数に上ります。

一つは見る時間がなくなってしまったということが挙げられます。サービス残業が当たり前となってここ最近ようやくブラック企業と呼ばれて日本の勤勉にも我慢の限界が来たのかどうか分かりませんがよくニュースなどでもとり立たされるようになってきました。

しかし、完全になくなるか?といったらまだまだ先は長そうです。見る時間がないからこそテレビを見ていないという人もいますがほかにはテレビがつまらなくなったからですよね。

これはあえて説明するつもりもありませんがテレビを作っている人に今のテレビが面白いと胸を張っているのでしょうか?確かにモンスターペアレンツやどっかの愛護団体みたいなものがわけのわからない難癖をつけてくるのも分かりますがそういった人に対して耳を傾けすぎてしまった原因がつまらなくなってしまったと言えます。

そういったことからテレビ離れが進んできております。では実際に今はどのメディアを見ているのかというとインターネットですよね。

日本の動画サイトにこにこ動画ではかなり過激なニコ生主などがいて問題にもなっていますが見る人がいるからこそやめないということでもあるのです。

時代は確実に移り変わっているのは間違いありません。もはやテレビというのは二次的エンターテイメントと言ってもいいでしょう。ネットで歌を歌って歌手デビューをしたりしている人もいるのです。

時代は確実に変わったのでそれに乗れるかどうかは個人の器量と言ってもいいでしょう。今の若い人は確実にネットに流れていっています。