高齢出産のリスク

リスクはどうしても上がる


高齢出産をする人は増えてきた

女性の社会進出や晩婚化だったり、子供が中々恵まれなくてようやく子宝を授かったというケースがあります。

自分と夫婦の時間を大切にして子供は出来たらいいぐらいに思って特に妊活をしていないで年齢を重ねてから子供を授かったりと色々な理由があります。

とはいえ過去に比べて従来よりも女性の出産時の年齢が上がってきています。

昔は女性は子供を沢山産んで家を守るというのが昔の考えでしたが、今はもう確実に女性の社会進出だったり、女性が1人でも生きていける世の中になりつつあります。

高齢出産が増えてきたのは間違いないのですが、高齢出産にはさまざまなリスクがついてまわります。

よくテレビや雑誌でも高齢出産のリスクが報じられているため子供を授かっても、不安に思う女性も多いと思います。

そこで、世間で噂されている高齢出産に対するリスクは、実際のところ本当なのかどうかを紹介していきます。

まず最初に「高齢出産というのは何歳からなのか?」というのかというとそれは「35歳」からです。

35歳からが高齢出産と定められていると聞いて、今の時代は「早い」と感じる人が多いかもしれません。

35歳と聞くと大学卒業して働き始めてキャリアを重ねていきようやく会社でのポジションが落ち着き始めた年齢と言えるでしょう。

もう女性の社会進出は当たり前であり、20代は仕事に頑張りつつ自分にご褒美として旅行に出かけたり、友達とワイワイ楽しんだりしている人が多いです。

今の時代は35歳で出産と聞いても別にそこまで高齢出産だなとは思わないでしょう。

また、晩婚化も進んでおり、初婚年齢の平均は男女ともに30歳前後と言われているほどです。

さらに、2人目の出産の場合、35歳以降で出産をする家庭も少なくありません。

2人目の出産の場合ははじめての子供が幼稚園や保育園に行けるようになって育児が一段落したときに考えるという人も多いでしょう。そうなると35歳での出産はもう珍しいものではないのです。

だからこそしっかりと35歳以降で出産をする人というのはリスクを備える必要があるのです。

高齢出産によるリスクは色々とあります。

まず、気になるのがダウン症などの染色体異常のリスクが高まるという点です。

ダウン症になる子どもの原因の1つに染色体異常があり、精子と卵子が受精する段階で生じるといわれています。

染色体異常は母親と父親の、卵子や精子の老化が原因の1つです。

実は女性が身体の中で作れる卵子の数は実は決まっていて年齢を重ねるごとに数が低下し、卵子の老化がはじまります。

卵子の老化は不妊の原因にもなり、不妊治療が必要になる理由となってしまいます。

ダウン症や発達障害の原因は卵子の老化だけが原因ではありませんが、実際にお母さんの出産年齢が上がるにつれてダウン症の発症率が高くなっているのは事実です。

また40歳の出産では約100人に1人がダウン症ということもあり、決して低い確率ではなく楽観しすべきものでもありません。

次に流産や難産の可能性が高まるという点です。

高齢出産では、難産や流産になる可能性も高くなり、20代と比べると2倍も確率が上がると言われています。

また切迫早産や切迫難産になり、帝王切開を余儀なくされるケースもあります。

他にも妊婦特有の病気にかかってしまう場合もあります。

妊娠中の特有の病気として「妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)」や「妊娠糖尿病」などがありますが、高齢出産の場合、特に注意しなければいけないのが「妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)」です。

妊娠高血圧症候群の症状としては血圧が高くなるだけではなく、それに伴う体調不良や、場合によっては帝王切開に繋がることもあります。

妊婦全体の発生率は10%前後ですが、35歳以上では14%~18%と発生率が高くなる傾向にあります。

最後に高齢出産になれば妊娠中の体力的な面から体調を崩す人も多いのです。

高齢出産をした場合全ての赤ちゃんが必ずダウン症や染色体異常になると決まったわけではありませんが、母子ともにリスクがあるということは理解しなければいけません。

サイトメニュー

  • 妊娠の仕組み
  • 基礎体温の測り方
  • 漢方で妊娠しやすくなるのか?
  • 妊娠のための体質改善
  • 高齢出産のリスク
  • 男性の不妊について
  • 妊活中のストレス解消
  • 夫婦で話し合っておくこと
  • たばことお酒について
  • 出産までの道のり
  • 妊娠線が出ないようにする
  • 妊娠中のトラブル
  • 出産のための費用
  • 子育ては抱え込まないことが大切
ページのトップへ戻る