基礎体温の測り方

毎日必ず行うようにする


なるべく動かないことが大切

妊活を始めようと思ったらまずは排卵日を知ることが大切です。

とはいえ男性は当たり前ですが、女性も排卵日についてよく分からないという人も多いと思います。

妊活では排卵日に性交をすると妊娠しやすい?とか、計算はどうすればいいの?など様々な疑問や悩みを持っていますし、中々周りに相談などもしづらいと思います。

排卵日や妊娠の仕組みについて詳しく知りたいという人は『妊娠の仕組み』をご覧下さい。

排卵日をするためには基礎体温を測るというのが最もポピュラーで個人で出来ますよね。

基礎体温の測り方は体が目覚めきっていない安静の状態で測る体温のことで、朝目覚めて身体を動かす前に測るものです。

月経など女性ホルモンにともなう体のリズムを知る上でも役立ちますし、何よりも妊活ではタイミング法で性行為を行うことになるので排卵日がいつなのか知ることができる手がかりでもあります。

基礎体温は高温期と低温期の差が0.3~0.5℃の間で推移するので普通の体温計では測れません。

小数点以下2桁まで専用の婦人用体温計を購入して、測定をしましょう。

また測り方も脇の下ではなく適切に体温測定が出来る口の中で行うのです。

注意をして欲しいのが、朝目覚めたら身体を動かしてはいけません。動かした時点で正確に体温を測ることが出来ません。

朝目覚めたらとにかく伸びをしたいと思ってしまうと思いますが、測ってから思いっきり測るようにしましょう。

高温期と低温期の差が0.3~0.5℃の間で推移するのでちょっとしたことで体温に差が生じてしまいます。

測り方の手順としては

①朝目覚めたらすぐに基礎体温計を手に取ります。(毎朝同じ時間に測ることが大切)
②極力動かずに寝たままの姿勢で、基礎体温計を舌の下中央にある筋の部分に挟みます。
③音が鳴ったら基礎体温計を口から取り出し、数値を確認してメモをしましょう。

腕をちょっと伸ばしただけでも体温というのは上がってしまいます。

枕元の横に置いたりして、必要最小限の動きだけにとどめておきましょう。

基礎体温は妊活中は常に測ると思います。1ヶ月では判断できませんので少なくとも2ヶ月~3ヶ月測り続ける必要があります。

今ならスマホのアプリなどでも基礎体温の管理アプリなどが出ていたりするので管理しやすくなっています。

生理周期が25日~38日間の正常な基礎体温グラフの見方として、生理の開始日を第1日目としそこから低温期が14日程度続きます。

その後排卵日を経て、体温が高めになる高温期が14日ほど続き、次の月経が訪れるというサイクルです。

排卵日は体温が最も低いと言われていますが、実際には体温の低下がはっきりしないこともあり正確に測れないケースもあります。

そのため、一定の時間ではなくて不規則だという人や基礎体温の測り方がよく分からないという人はロート製薬が排卵日予測検査薬を発表しています。

これによって簡単に排卵予定日を知ることが出来ます。病院に行く時間が取れないという人に向いています。

ただし、この排卵日予測検査薬というのは排卵日の1日前に知ることになるので、急に排卵日を知ることになりますので基礎体温とあわせたほうがいいです。

一番確実なのが病院で診て貰ったほうが正確ですし、簡単です。

値段的には検査費用として月1回までは保険適用内で1600円ですので月1回検査をしてもらうのがいいでしょう。

正確性で言えば病院での検査>排卵予測検査薬>基礎体温という正確性です。

基礎体温の測り方を説明しましたが、確実に知るには病院で検査をしてもらうのが望ましいといえますのでレディースクリニックなどで診て貰いましょう。

妊活は長期化すればするほど不安になります。タイミング法で妊活をするならば精度を高めるのが望ましいです。

サイトメニュー

  • 妊娠の仕組み
  • 基礎体温の測り方
  • 漢方で妊娠しやすくなるのか?
  • 妊娠のための体質改善
  • 高齢出産のリスク
  • 男性の不妊について
  • 妊活中のストレス解消
  • 夫婦で話し合っておくこと
  • たばことお酒について
  • 出産までの道のり
  • 妊娠線が出ないようにする
  • 妊娠中のトラブル
  • 出産のための費用
  • 子育ては抱え込まないことが大切
ページのトップへ戻る