妊娠のための体質改善

健康的な日々を送る


穏やかな日々を送る

将来子供が欲しい!と思っている人や妊活に取り組もうと考えている人も妊娠しやすい体作りを行っておくのはとても重要なことです。

年々、不妊治療の患者数というのは増加傾向と言われていますが、それは日頃のライフスタイルや生活習慣が大きな原因となっています。

まず最初に妊娠しやすい身体として不妊因子がないことが大事です。

不妊因子というのは主に次の5パターンがあります。


この中でも特に排卵因子・卵管因子・男性因子が原因として多いです。

【卵管因子】
卵管に異常が見られ、卵子や精子が詰まりやすい状態。

【男性因子】
造精機能障害や勃起障害など、男性機能に障害がある状態。

【排卵因子】
ホルモンバランスの乱れなどから、排卵や着床、妊娠の維持に障害がある状態。

まずは男性・女性問わず不妊因子があるのかどうかを確認することかが大事です。

検査をしても原因が特定できないものを「原因不明不妊症」と言いますが、決して珍しいものではなくて不妊治療カップルの1割から2割が当てはまるとされます。

これは加齢による卵子や精子の老化などが関係していると考えられています。

卵子や精子の老化にも関係していると言われています。

こういった不妊因子がないことが妊娠しやすい身体と言えます。

この大前提を踏まえて妊娠しやすい身体作りをしていくためには以下のことに気を使いましょう。

○排卵がきちんと周期的に行われている。
生理不順などがなくて一定の周期できちんと生理がくる状態。

○健全な生活習慣が出来ている
無理なダイエットや逆に過食気味に食べて暴飲暴食を繰り返さずに、バランスのいい食事と十分な睡眠が取れていること。

○心身共にリラックス出来ている
仕事のストレスや重圧がのしかかってしまって自律神経が乱れてしまっている状態ではないこと。リラックス方法が自分が確立できている状態。

特に妊娠をするには心身ともにリラックス状態が出来る状態でいることが大切です。

ストレスによって流産してしまう可能性も出てきます。今の時代は仕事が忙しくてストレス社会と言われているほどストレスが溜まりやすい環境です。

上手にストレス発散できる方法を探しましょう。

ただし、お酒やタバコを大量に飲んだり吸ったりするのは良いとは言えませんので、女性はタバコやお酒はなるべく控えて他の発散方法を見つけるようにしましょう。

一番オススメなのが運動です。

運動をすることによって体力づくりだけではなくて気持ちのリフレッシュが出来るだけではなくて、肉体的疲労によって寝つきやすくなります。

特に有酸素運動の場合は全身運動で血流も良くなるのでオススメです。

このときにゆっくりと走ることがポイントですので一定のリズムで息が上がらないスピードで走るようにしましょう。

他には女性に人気なヨガなどをしてもいいですし、水泳なども身体に負荷がかからないのでオススメです。

とはいえ女性は運動が苦手だという人もいると思いますので家の中でストレッチをするのもいいでしょう。

他にはゆっくりとお香などを焚いた状態でリラクゼーションの曲が流して深呼吸をするのもいいでしょう。

またカラオケに行って発散をしたり温泉に行ったりと自分なりのリラックス・発散方法を見つけましょう。

サイトメニュー

  • 妊娠の仕組み
  • 基礎体温の測り方
  • 漢方で妊娠しやすくなるのか?
  • 妊娠のための体質改善
  • 高齢出産のリスク
  • 男性の不妊について
  • 妊活中のストレス解消
  • 夫婦で話し合っておくこと
  • たばことお酒について
  • 出産までの道のり
  • 妊娠線が出ないようにする
  • 妊娠中のトラブル
  • 出産のための費用
  • 子育ては抱え込まないことが大切
ページのトップへ戻る