出産のための費用

地方自治体によって違う


貰えるものはとりあえず貰っておこう

今までは出産に関して様々なお金がかかっていました。

それこそ核家族が増えてきた家庭では安易に子供を産むというのが難しかったものです。

妊婦健診や分娩費用などを合わせるだけでかなりのお金が必要だったものが、今では国や地方自治体による助成金制度が拡大したことによって自己負担がかなり減ったという家庭もあります。

基本的に出産をするにあたってプラスになることはありませんがそれでも実際の負担額はかなり低くなるのです。

出産時の費用だけではなくて細かいお金もかかるのでそれぞれ紹介していきます。

【妊婦健診費】
妊娠・出産にかかる費用には健康保険が使えません。

そのため妊婦健診には1回あたり3000円~5000円。検査が多いときには1万円を超える額の負担があります。

国や病院が進める妊婦検診は月に1回~2回ですからこれってかなりの負担に感じるはずです。

ただ最近では妊婦さんの経済的な負担を減らすため、助成金などがあります。地域によっては無料診察券などがあったりします。

とはいえ助成の内容や金額は自治体によって本当に分かれています。

妊娠届を提出し、母子健康手帳とともに「妊婦健康診査受診票」をもらったら、すぐにでもそのまま助成内容をしっかり確認しておきメモをしておきましょう。

ここ最近は子育て支援などのイメージから妊婦健診費はゼロと考えている人が多いでますが、しっかりと申請をしないと自己負担になったり、手当てがもらえなくなるので助産婦さんに相談をしたり、電話窓口で話を聞きましょう。

初回の健診費用や基本的な助成項目以外は“自己負担になる”と思って行動しましょう。

【マタニティ・ベビー用品費】
マタニティ・ベビー用品はついつい色々なものに手を出してしまいがちです。

しかし、必要最低限のものだけを用意し、必要に応じて買いたしましょう。

初めての赤ちゃんの場合、色々と買い揃えてしまって必要ないものなどを買ってしまったというケースも多いです。

マタニティ用品や新生児期のベビー用品は使う期間が短く赤ちゃんはすくすく成長します。賢く安く手に入れましょう。

ファストファッションなどを利用してとにかく安く買い揃えて、ベビー用品はお下がりやレンタル、リサイクル、オークションなどの利用して安く手に入れましょう。

ベビーベッドなどは必要ないという人もいますし、チャイルドシートやベビーカーなどの本当に必要なものや日用品もの意外は本当に必要かどうかを見極めてから購入しましょう。

【分娩入院費】
分娩入院費には健康保険が適用されず出産には、40万円前後のまとまった費用が一度に必要です。

さらに個室などのオプションを使うことで加算されたりします。

しかし、健康保険に加入している人は、健康保険から42万円が出産育児一時金として給付されるので、実質的な負担は数万円程度が一般的です。

さらに現在は出産育児一時金が健康保険から産院に直接支払われる制度(直接支払制度・受取代理制度)が原則となっていてわざわざ申請をしたり手間もありません。

万が一に使ってしまわないように直接病院で支払ってもらうようにしましょう。

ただ、一方でサービスを重視する産院での分娩入院費がやや高い傾向にあります。

マタニティサービスや個室での料理オプションなどが違ったり病院によっては様々で結果的に、出産育児一時金では足りないケースもあります。

マタニティハイになってしまってあれもこれもとなってしまいますので冷静に判断をしないと後々になって後悔をすることになります。

【内祝い・行事】
家族や友人などからの出産祝いは、何かと物入りのこの時期、とてもありがたいものですがお返しはしておかないといけません。

費用の目安は、いただいた金額の2分の1です。困るのがもので送られてきた時、費用がかかってしまうものですよね。

他にもお七夜、お宮参り、お食い初め、初節句など、赤ちゃんを祝う・願う行司というのは盛りたくさんです。

新しいイベントなどもどんどん出てきていて全てのイベントを行うというのは無理です。

昔からある伝統のものだけをするようにしましょう。自分たちの無理のない範囲で行うことが大事です。

イベントで家計を圧迫させて無理をしてしまうということはやめておきましょう。

出産には細かいお金がかかってきます。そのつどお金が減っていくのをみるとどうしても大量にお金を使ってしまったとか、また出費をしてしまったとなって気持ちが滅入ってしまいます。

ある程度余裕を持って前もって出産にかかるお金や出費に使う費用というのを銀行の別の口座に用意をしてそこから引き出すようにしましょう。

大体20万円~30万円ほど赤ちゃん口座として預けておくようにしましょう。

サイトメニュー

  • 妊娠の仕組み
  • 基礎体温の測り方
  • 漢方で妊娠しやすくなるのか?
  • 妊娠のための体質改善
  • 高齢出産のリスク
  • 男性の不妊について
  • 妊活中のストレス解消
  • 夫婦で話し合っておくこと
  • たばことお酒について
  • 出産までの道のり
  • 妊娠線が出ないようにする
  • 妊娠中のトラブル
  • 出産のための費用
  • 子育ては抱え込まないことが大切
ページのトップへ戻る