男性の不妊について

男性も同じように不妊になる


男女両方とも確認しておく

不妊と聞くと、昔から女性に問題があると主に女性に問題があると決め付けていました。

お前に問題があるから子供が出来ないんだと決め付けて女性を一方的に傷つけていることも多いです。

昔は女性は社会進出が出来ない状況だったために子供ができないことが原因で、女性は苦しい立場に立たされ、夫婦間だけではなく嫁姑の問題に発展することもあります。

そして未だにこういった考えを持っている人は多いです。

しかし、本当に不妊は女性だけの問題なのでしょうか?

答えは『違う』と言えます。

不妊の原因を、男女別で見ると女性だけに原因があるのは41%と言われており、男性だけに原因があるのは24%、男女共に原因があるとされるのは24%です。

つまり男性に不妊の原因があるは48%ということになります。

男性だろうと女性だろうと関係なく不妊の原因は男性の側になんらかの異常がある場合もあり、この場合を『男性不妊』といいます。

タイミング法などの妊活をしていても子供が出来ないとなったらやはり大切なのは男女両方の検査が必要です。

このときに男性が一方的になぜか拒否をします。

男としてのプライドが許さないとか、不妊は女性だけが問題だろ?だから俺は関係ないみたいな心無い一言を言われた女性もいるようです。

しかし、しっかりと説明をして考えを改めさせる必要があります。

どうしても説明を拒否するという場合は自分が不妊の原因となるものがあるのかどうかは検査しておきましょう。

男性不妊は決して少ないものではなく男女両方がしっかりと向き合っていかなくてはいけないのです。

男性不妊には先天性と後天性のものがあります。

先天性の男性不妊の原因は、様々な遺伝的要因や、発育段階で受けた影響等で、性機能不全になるものです。

勃起不全となり性行為が出来ない、もしくは最後まで行えない状態や遅漏などから射精に達しない、又は時間がかかりすぎて、射精困難で満足が得られない)等が考えられます。

後天性のものとしてはストレスや肥満や糖尿病などで勃起不全になったり、病気や手術の影響から精子の産出あるいは射精に関するトラブルなど色々な原因が考えられます。

色々な原因がありますが、そのうちの9割が「造精機能障害」です。

うまく精子をつくれない状態のことを言います。

一度の射精で精子の数は数億と言われていますが、卵子の周囲まで到達できるのはおよそ数百以下です。

かなり低い確率なのですが、もともとの精子の数が少なかったり、運動性が乏しかったりするなどすると卵子に届かずに妊娠しない原因となります。

とはいえ精子の数が少なくて自然妊娠は難しくても今の時代は顕微授精と呼ばれる方法があり、一昔前ならば妊娠を諦めざるを得なかった問題がクリアされたりすることもあります。

男性不妊の検査については色々な検査をしてくれます。


他にも色々な検査を行ってくれます。

1回の検査料金は約40,000円前後かかります。決して安くはありません。かなりの負担になるかもしれません。

しかし、それでも1回検査をすれば自分に問題があるのかどうかが判断できます。

自分に問題があるのかどうかを知る上で重要ですから妊活をするのであれば検査することをオススメします。

また男性は問題があったとしても決して諦めずに今は解決策はあるということを覚えておきましょう。

サイトメニュー

  • 妊娠の仕組み
  • 基礎体温の測り方
  • 漢方で妊娠しやすくなるのか?
  • 妊娠のための体質改善
  • 高齢出産のリスク
  • 男性の不妊について
  • 妊活中のストレス解消
  • 夫婦で話し合っておくこと
  • たばことお酒について
  • 出産までの道のり
  • 妊娠線が出ないようにする
  • 妊娠中のトラブル
  • 出産のための費用
  • 子育ては抱え込まないことが大切
ページのトップへ戻る