妊娠の仕組み

妊娠は奇跡


基本的なことを理解しよう

妊活をしようと思ったらまずはどうすれば妊娠をするのか?その仕組みについて正しく理解をする必要があります。

もちろん一番最初は不妊治療専門の病院に行って説明を受けて今後のスケジュールプランを立てたり、自分が不安に思っていることなどを聞けば良いのです。

ただ、病院に行くほどのことでもないなって思っていたり、夫婦によっては不妊治療専門の病院に行くまでも無いと旦那から許可されなかったりと事情が違ったりしますよね。

また病院で行くとしても必要最低限の知識ぐらいは持っておきたいところです。

ある程度事前に理解をしてから病院に行ったほうが話も早く、頭に入っていきやすいので、基本的なことを理解しておきましょう。

まず最初に妊活をしている妊娠を望む人にとって、妊娠しやすいタイミングを知っておくことはとても大切なこと。

その時期を知るためにポイントとなるのが「排卵日」です。

必ず排卵日の仕組みを知ることはとても大事です。

文字通り排卵が起こる日で、この前後が“最も妊娠しやすい”と言われています。

この排卵日にあわせて性行為をするのがタイミング法と呼ばれる最も最初に行う妊活ですね。

排卵日が起こる3日前に子作りをすることで元気な精子を卵子に送り込むのです。

精子というのは女性の体内に入っても1週間は活動をすると言われていますからある程度前から子作りをしておくことが望ましいです。

まず最初に何億匹とも呼ばれる精子が膣内を通過していき、受精をして、受精卵となり、子宮内膜に着床すると妊娠の始まりとなります。

受精卵はすぐに細胞分裂を始めて、分裂をくり返しながら、卵管内から子宮へと移動するのです。

受精から着床までは約1週間かかるといわれています

妊娠した場合の兆候として下記のような事例があると言われています。


普段から生理不順だったり、妊娠の兆候が全く出ないでお腹が大きくなって初めて気付いたという人もいます。

しかし、それはあくまでも本当に稀な事例で、ほとんどの人は妊娠の兆候が出ると言われていますし、個人差があり、妊娠の兆候は様々です。

まず体内で妊娠をすると身体は異物と勘違いをしてしまい、常に吐き気に苛まれたり、ホルモンバランスが崩れて常に汗が出たり、寝れなくなったりします。

感情の起伏が激しくなったりと女性はとても辛い思いをします。

安定期に入れば少しずつつわりが治まってきたり、妊娠の兆候が落ちついてきたりする人も多いですが、それも人それぞれです。

男性は妊婦至上主義で常にサポートをして妊婦を敬うようにしましょう。時には酷いことを言われるかもしれません。

男性も仕事で疲れているかもしれませんが、女性は妊娠中は毎日気持ち悪い毎日を送っています。

またもし万が一流産をしたらどうしようと常に身体に気を配っていて気を張り詰めているので、なるべく女性の負担を軽減できるようにしましょう。

特に初めての妊娠の場合はナーバスになりやすいものです。

サイトメニュー

  • 妊娠の仕組み
  • 基礎体温の測り方
  • 漢方で妊娠しやすくなるのか?
  • 妊娠のための体質改善
  • 高齢出産のリスク
  • 男性の不妊について
  • 妊活中のストレス解消
  • 夫婦で話し合っておくこと
  • たばことお酒について
  • 出産までの道のり
  • 妊娠線が出ないようにする
  • 妊娠中のトラブル
  • 出産のための費用
  • 子育ては抱え込まないことが大切
ページのトップへ戻る