妊娠線が出ないようにする

妊娠線がコンプレックスになることも


乾燥させないようにしよう

赤ちゃんを授かったことの嬉しい反面、出産を終えた後に残る赤紫色の肉割れでもある妊娠線は女性として絶対に嫌だという人も多いと思います。

妊娠線が出来るのはかなり多く妊婦のおよそ60%の人がそのまま放置してしまうと出来てしまうと言われています。

出来てしまった妊娠線を100%消すということは出来ませんので妊娠線になる前の予防がとても重要になってきます。

とはいえ妊娠線を100%作らない方法というものもないのですが、可能性を消すということはとても大事です。

妊娠線が気になってしまって水着を切れないとか旦那に見られたくなくて性行為をしたくないと言う人もいます。

絶対に妊娠線を作りたくないという人は是非ともご覧になってください。

まず妊娠線を作りたくないという人は3か条を守ってください。


この3つは妊婦であるときは常に気を使うようにしましょう。

女性ホルモンが乱れて寝つきにくくなったという人もいますが、なるべく規則正しい生活を送る事が出来るようにしましょう。

お肌のケアに関しては妊娠線用のクリームを使えばいいだけです。

このときに高いクリームをチビチビと使っても意味がありませんのでとにかくこまめにクリームを使うようにしましょう。ケチって使っても効果がありませんので市販で売られているクリームをたっぷりと浸透させるのです。

お肌のケアに関しては日々行っているわけですからそこまで苦じゃないかもしれませんが、問題は体重管理です。

というのも妊娠線というのは急激に体重が増えることで線が出来てしまうといわれています。

妊娠中の体重増の割合としては


の大体8kgが理想と言われています。8kgを超えてしまうと妊娠線が出てしまう可能性がグッと高まってしまうので気をつけるようにしましょう。

またこれがゆるやかな体重増加であれば妊娠線は出にくいですがだいたい妊婦は一気に1週間で数キロ体重が増加してしまうということも珍しくありません。

体重管理というのは非常に難しいですが、1ヶ月で1kgを目安に出来るように日々の体重管理を行うようにしましょう。

さらに妊娠中というのはホルモンバランスが乱れて汗が大量に出てしまいます。

普段汗をかく人じゃない人でもどんどん汗をかいてしまいます。これによってなるべく汗をかきたくないということで冷房をガンガンに入れてしまったりする人がいますが、冷房がききすぎてしまって乾燥してしまってお腹が張ってしまい、妊娠線が出来てしまうこともあります。

ですから汗が大量に出るという人はインナーを変えたりしてこまめに交換するようにしましょう。

ただし、どんなに妊娠線が出ないようにケアをしても出てしまう人は出てしまいます。

それは仕方の無いことです。

出産を終えて妊娠線が出てしまった後でもやはり妊娠線クリームを使えばある程度人新鮮を消すことができるようになります。

妊娠線が出たとしても1年ぐらい継続して利用し続ければ自然と薄まっていきます。

急には戻らないかもしれませんが、しっかりと肌ケアをしてあげるようにしましょう。

またどうしても妊娠線が消えないという人はクリニックで治療をすることも出来ます。治療をしながらもアフターケアを専門的に教えてくれたりもします。

消すまでの期間も短くて効果が高いのですぐに妊娠線を消したいという人は継続してクリニックに行くのも1つの手です。

妊娠線を放っておくとおなか周りにかなりの線が出てしまいます。インターネットで『妊娠線』と画像検索すると沢山の事例が出ています。

女性は妊娠線が出ないようにしたほうが絶対にいいので、日々のケアを怠らないようにしましょう。

サイトメニュー

  • 妊娠の仕組み
  • 基礎体温の測り方
  • 漢方で妊娠しやすくなるのか?
  • 妊娠のための体質改善
  • 高齢出産のリスク
  • 男性の不妊について
  • 妊活中のストレス解消
  • 夫婦で話し合っておくこと
  • たばことお酒について
  • 出産までの道のり
  • 妊娠線が出ないようにする
  • 妊娠中のトラブル
  • 出産のための費用
  • 子育ては抱え込まないことが大切
ページのトップへ戻る