妊娠中のトラブル

万が一に備える


妊婦を敵視する人もいる

待望の妊娠となって自分の子供の中に赤ちゃんが宿っているとなると女性としてみれば嬉しいと思うでしょう。

特に妊活をしていて子供が欲しいと思っていた女性からしてみれば嬉しくてたまらないと思います。

しかし、赤ちゃんがいるとなったらより一層気を使って妊娠中は気を使わなければいけません。

ここでは様々なトラブルや注意をしなければいけないことを紹介していきます。

【流産】
妊娠22週未満までに、何らかの理由で胎児が育たなかったり、母体の外に出て妊娠が中断してしまうことを「流産」といいます。

流産をしてしまう人の割合は決して低くなくて妊娠した人のおよそ10〜15%に起こると言われているほどです。

そしてそのほとんどがが妊娠初期の12週未満(3ヶ月以内)に起こると言われているので妊娠してから特に3ヶ月以内はまずはおなかを守ることにしてください。

妊娠初期に起こる流産の原因の大部分は、受精卵の異常(染色体異常など)と言われているので夫婦がいくら気を使っても防ぐことができないものもありますが、まずはこまめに病院に行って検査して無事かどうか見守りましょう。

【子宮外妊娠】
正常な妊娠では、受精卵は子宮大部の内膜に着床します。

しかし、稀に卵管、卵巣などのほかの場所に着床し発育を始めたものを「子宮外妊娠」といいます。

子宮外妊娠では、卵管に着床する卵管妊娠がほとんどで子宮外妊娠では、胎児は発育し続けることが難しいため、限界に達すると、流産となって腹腔内に出血し、そのために母体が危険な状態になることがあります。

妊娠5〜6週ごろに少量の出血が続いたり、右または左の下腹部の痛みや肛門付近の痛みを感じたら、すぐに産婦人科を受診してください。

痛みが増したり、歩くたびに肛門がズキズキする痛みを感じるときは手術が必要な場合もあります。

大丈夫だろうとは思わずに急いで産婦人科専門医の診察を受けましょう。

【感染症】
ウイルスや細菌などの病原体が移る可能性もあります。感染症は人から人へ移る場合もあれば、動物などのペットから感染するケースもあります。

妊娠中に感染すると胎児に影響を与えてしまう場合もあるので外出ではマスクを被り、外出後は必ず手洗いうがいを心がけてください。

またワクチンでも妊娠中や授乳している時期は摂取できないものがありますのでとにかく外出する際は気をつけて清潔なところで過ごすようにしましょう。

【妊娠高血圧症候群】
一昔前までは妊娠中毒症と呼ばれていて「妊娠20週以降~分娩後12週の間に高血圧、あるいは高血圧と蛋白尿の症状がみられる場合」を妊娠高血圧症候群と言います。

この妊娠高血圧症候群の怖いところは重病化することで母体だけではなくてお子さんにも命の危険がかかるのです。

妊娠20週以降~32週未満で発症する場合を「早発型」、妊娠32週以降での発症を「遅発型」といいますがじつは早発型のほうが重病化しやすいと言われているので注意してください。

症状や兆候としては


さらに妊娠高血圧症候群になると、母体や胎児に悪い影響をあたえる合併症のリスクが高まってしまいます。

とくに自覚症状がない場合でもいきなり体調が悪化するケースもあり、最悪緊急入院やオペをすることにもなってしまいます。

自己判断ではなく医師に診察をこまめにしてもらうようにしましょう。

【対人関係】
子供を授かるということはとても素晴らしいことですし、多くの人から祝福されるはずが、時に良く思わない人もいます。

いきなり難癖をつけてきたり、暴力を働く人もいます。

滅多にいることではないですが、対人関係も気にするようにしましょう。もし変な人に絡まれたりしたら、すぐに逃げるか周りに助けを貰いましょう。

何かあってからでは遅いので、そこは過敏に反応するほうがいいでしょう。

サイトメニュー

  • 妊娠の仕組み
  • 基礎体温の測り方
  • 漢方で妊娠しやすくなるのか?
  • 妊娠のための体質改善
  • 高齢出産のリスク
  • 男性の不妊について
  • 妊活中のストレス解消
  • 夫婦で話し合っておくこと
  • たばことお酒について
  • 出産までの道のり
  • 妊娠線が出ないようにする
  • 妊娠中のトラブル
  • 出産のための費用
  • 子育ては抱え込まないことが大切
ページのトップへ戻る